世界遺産のハワイ島キラウエア火山ツアーで溶岩洞窟と噴火口を観察

溶岩トレッキングが終わるとまた車に乗り込み、
今も活動を続けている「ハレマウマウ・クレーター」から溶岩を観察に出発!
途中、溶岩が流れて出来たトンネル、「サーストン・ラバ・チューブ」に
立ち寄りました。

洞窟の周辺は熱帯雨林に囲まれていて
その中を歩いて洞窟を通れるなんて、探検みたいでワクワクします!
500年ぐらい前から存在するらしい溶岩の洞窟で、
濡れてる場所が多くて滑りやすくサンダルとかだと危ないです。
照明もちゃんとあるので記念撮影もできますよ~

ちゃんと舗装されているので小さなお子様がいても大丈夫です。
この神秘的な空間は、ボルケーノに来たら必見スポットです!
明るい時間帯に来るとけっこう混雑してるらしく窮屈だしゆっくり見られないそうですが、
このツアーのガイドさんはそーゆうの知り尽くしていて、
あえて夕暮れ時を選んでくれたので、トンネル貸し切り状態でした~☆
トンネルを堪能した後、いよいよ「ハレマウマウ・クレーター」へ!
車でキラウエア展望台に到着する頃にはすっかり真っ暗。
解説板もよく見えませんが、、

見えた見えた!念願の生溶岩です!!

明るい日中はクレーターから出る噴煙しか見えないようですが、
夜なら噴煙の中でメラメラと輝く溶岩を観察できるんです!
さっすがガイドさん~~☆
カメラをアップにして撮るとこんな感じに。

ゆらゆら揺れる溶岩の光、ずっと見とれてしまいました。
雨が降ってきたり夜はちょっと寒いので、ポンチョがあると便利かも。
展望台には「トーマス・A・ジャガー・ミュージアム」という
キラウエア火山の活動を最初に調査したジャガー博士を記念した博物館があって、
ボルケーノ国立公園で見られるいろんな溶岩を展示しているらしいのですが、
着いてすぐ閉館となってしまい、じっくり見れませんでした・・・
それだけがちょこっと残念(泣)。
●ボルケーノ国立公園(Volcanoes National Park)
入場料金:$10(車1台につき※チケットは1週間有効)
閉館時間:ビジターセンター7:45-17:00
トーマス・A・ジャガー・ミュージアム8:30-19:30




にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...